ホーム>スタッフブログ>アロマテラピー

アロマテラピー

無添加のエッセンシャルオイルって??

最近はアロマテラピーの施術をする方が増えていますが、疑問に思うことがあります。

 

いろいろ見ていると、そこで扱っているエッセンシャルオイルが『無添加』とか『完全無添加』とか書いてあるところも見受けられ。

 

そもそも『エッセンシャルオイル(精油)』というものは、植物から抽出した成分100%のものを言うので、無添加という表記はどうなんだろう?って思います。

 

添加物が入っていてもそれをごまかして『エッセンシャルオイル』だと販売しているところも、世の中にはあるかもしれませんが・・・

 

アロマテラピーについて勉強された方は、『無添加』などという伝え方はしていないだろうなと思います。

 

きっちり勉強されてアロマセラピストとして活躍されている方は、それに対しての嗅覚も発達してくるので、香りで判断できてくると思いますし。

 

そして、無添加だから安全というわけでもありません。

 

その人に合う、合わないなどの問題もありますし、全ての人に適しているわけではありません。

 

アロマテラピーの勉強をきっちりされた方は、安全性も危険性も作用についても、理解されていると思います。

 

エッセンシャルオイルでの施術というのは、それに対しての知識がなくてもできるものなので、不安に思うことがあります。

 

本当にクライアントさんのためにと思われるなら、アロマテラピーをきちんと学んでいただきたいな、と思っています。

 

最近そんな内容をよく見かけるので、アロマテラピーについて今後ブログのほうにアップしていく予定です。

 

 

lavandula.jpg

芳香浴法

アロマテラピーの楽しみ方で 一番よく知られているのが

『芳香浴法』  です。

 

アロマ=香り の認識は、かなり高いです。

アロマという言葉をご存じの方は、香りを芳香させて楽しむ方法を思い浮かべる方が多いです。

香りを楽しむ芳香浴法・・・
この方法は、アロマテラピーの利用法の中でも もっとも手軽に楽しめる方法ではないでしょうか。

 

 

芳香浴法とは

精油(エッセンシャルオイル)を空気中に拡散させ、その香りを楽しむことにより心身のバランスを整える方法です。

 

香りを楽しむだけではありません。

植物は空気を浄化させる力を本来持っているので、精油を空気中に拡散させることにより空気清浄が期待できます。

芳香させることにより、花の粘膜からごく微量ではありますが精油が入り込みます。

それが体内を循環することにより、健康維持などの効果が期待できます。

 

特にインフルエンザの流行っている時期は、芳香浴法は効果的かと思われます。

 

 

芳香浴法に使用する精油の選び方

まずは、どのような精油が良いのか、作用などを基本に数点レクチャーし、専門のショップへ行きましょう。

そして、精油を購入する前に香りを試してみてください。

気に入った香りがあれば、それを購入することがオススメです。

 

心地よい香りは、心身に良い影響を与えます。

嫌な香りは、ストレスを与えます。

そして、人工的な香りを使った香料は、脳にダメージを与えるとも言われています。

 

 

芳香浴の方法ですが、一般的に知られているのは キャンドル式の芳香拡散器です。

キャンドル式のように火を使うものだと、気をつけなければ火事の原因となり危険です。

 

芳香拡散器は、キャンドル式以外にも色々あります。

乾燥している時期、咳込む時ににオススメなのが、 『アロマディフューザー』 という芳香拡散器です。

これは、水の中に精油を垂らし、水と共に精油を水蒸気にして拡散させ、室内に湿度を与えます。

 

 

芳香浴法は、芳香拡散器を使用する方法だけではありません。

 

ティッシュペーパーやハンカチなどに精油を1~2滴たらして 香りを楽しむ方法もあります。

枕元に置くのも良いですよ。

例えば、ラベンダー、ネロリ・・・色々ありますが、眠れなくなるような香りは
使用しないよう気を付けてください。

 

仕事中や勉強中に 集中力を増す精油を使用するのも良いですね。

例えば、ペパーミント、レモン、ローズマリー・・・などがあります。

リラックスさせる香りは 集中力を無くしたり眠気を誘う場合があるので、気を付けてください。

 

精油をティッシュやハンカチに付けて、外出時に持ち歩くこともできます。

携帯できるグッズを扱っているショップもあるので、それを利用するのも良いですよ。

車内で 精油の香りを楽しむことのできるグッズも販売されていますが、眠気を誘うものは避けてください。

 

 

「どんな精油にしたら良いのか分からなーい!!」

なんて場合は、お気軽にメールくださいね(*^▽^*)

お問い合わせフォーム

 

 

横浜市保土ヶ谷区

アロマ&スピリチュアルサロン

果凛 -KARIN-

沐浴法

アロマテラピーの利用法の一つに
『沐浴法』
という利用法があります。

 

これは
お湯の中に精油(エッセンシャルオイル)を滴下して、
全身もしくは身体の一部を浸ける利用法です。

 

精油の穏やかな薬理的・心理的な効果に入浴の効果が加わることで、
精油の香りを楽しみながらリラクゼーション効果や温熱効果などの
相乗効果が期待できます。

 

 

全身浴法

浴槽にお湯をはり、5滴以下の精油を滴下しよくかき混ぜ、
その中に全身を浸ける方法です。

発汗などの反射作用が期待できます。

 

リラックスしたい時にはぬるめのお湯にゆっくりと浸かり、
元気を出したい時や目を覚ましたい時は少し熱めのお湯で
短時間で切り上げてみてください。

 

半身浴法

お湯に手や足など、身体の一部分だけを浸ける方法です。

これは身体の一部分から全身への効果が期待できます。

 

部分浴法は、着替える手間がかからず、
身体への負担も軽いので、気軽に楽しむことが出来る
リラクゼーション法です。

 

手を浸ける方法を 『手浴法』、
足を浸ける方法を 『足浴法』 と言います。

 

手浴法 (しゅよくほう/ハンドバス)

洗面器などに熱めのお湯を入れ、
3滴以下の精油を滴下し よくかき混ぜます。

その中に、
両手首までを浸けます。

 

風邪などで入浴を控えている時や
気分転換をしたい時などに
手軽に出来る方法です。

手を温めることで、上肢や頸部までの
血行改善・リラックス効果などが期待できます。

 

足浴法 (そくよくほう/フットバス)

足の入るくらいの容器(たらいやバケツなど)に
熱めのお湯を入れ、
3滴以下の精油を滴下し よくかき混ぜます。

その中に 足首やひざ下までを浸けます。

 

イスなどに座ったまま出来、楽なので、
体調の良くない時、ご年配の方、体力の無い方など
安全に利用できます。

 

 

 

お湯が熱いか ぬるいかは、個人差がありますが、
一般的には38~40度をぬるいと感じ、
42度以上は 熱いと感じます。

 

熱いお湯は、
自律神経の交感神経を優位にすると言われています。

ぬるいお湯は、
副交感神経を優位にすると言われています。

 

交感神経が優位になると 身体は活動状態に、
副交感神経が優位になると 身体は休息状態になります。

そういう事から、
目を覚ましたり元気を出したい時には 熱めのお湯、
リラックスしたい時には ぬるめのお湯が適しています。

 

沐浴は、身体をお湯に浸けることにより
浸かった部分が水圧を受けます。

水圧を受けるのは 身体の表面だけではなく
内部にもかかるため、血流が良くなります。

肩までお湯に浸かる全身浴法は、
心臓や肺など 水圧を受ける部分が多いため、
循環器や呼吸器に負担を与えてしまうことがあります。

そのため、
年配の方、循環器系や呼吸器系に異常がある方、身体の弱い方は、
みぞおちまで浸かる半身浴法がオススメです。

 

水中の中で身体を動かすと 筋肉が程よく刺激されるため、
マッサージのような効果があります。

あまり無理しない程度に軽く動かしてみたり、
凝っている部分や疲労している部分を揉んでみると良いですね。

 

 

沐浴法の注意事項

  • 肌が弱い方は、植物油などで精油を薄めてから使用してください。
  • 3歳以下のお子様に この利用法はしないでください。
  • ご年配の方は皮膚が弱くなっているので刺激を受けやすいため、
    精油の滴数は少な目(半量以下)にすることをお勧めします。
  • 精油を滴下する量は、最大で5滴までとしてください。
  • 初めて沐浴法を試される方は、 精油を1滴から始め、
    様子をみながら徐々に増やすことをお勧めします。

 

 

 

沐浴の際には、精油に天然塩をプラスした
『バスソルト』 が オススメです。

精油と塩の相乗効果が期待できます。

作り方は、とても簡単です。

 

バスソルトの作り方

容器に天然の塩(大さじ1杯程度)を入れ、
その中に精油を滴下して かき混ぜます。

入浴の際に、
作ったバスソルトを浴槽に入れ
かき混ぜてください。

 

精油が無い場合、
天然塩だけでも 血行促進などの効果が期待できます。

塩の粒によっても異なりますが、
だいたいコップ半分位の量を目安にしてください。

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区
アロマ&スピリチュアルサロン
果凛 -KARIN-

ページ上部へ