ホーム>スタッフブログ>セッションケース>なぜこんな状態に?
セッションケース

なぜこんな状態に?

Aさんは体調が優れない状態が続き

ある日、朝起きることができなくなってしまいました。

 

なぜなのだろう? と病院へ行ってみたところ

うつ病と診断されたそうです。

 

Aさんは、何が原因なのか全く思い当たりません。

 

それからは薬を飲み続ける日々で、仕事を休むことが増え

後ろめたさを感じてしまいます。

 

 

「早く普通に仕事ができるようになりたい!」

 

それがAさんの望みでした。

 

 

 

なぜ今の状態になったのか

場所はエジプト。

 

35歳の男性が、暗い建物の中で、みんなと一緒に仕事をしています。

 

男性は石造りの建物を建築していて

いつも暗い所にいるため気が滅入ってしまいました。

 

 

建物が完成した時

「もう嫌だ!!」

と、その仕事を辞めてしまいます。

 

その後は何もやる気が起きず

たまに仕事をするという生活を送っていました。

 

男性は畑を持っていたため

生活が困窮するということはなかったようです。

 

 

男性のトラウマ

「暗い所でばかり仕事をしていて、本当にウンザリした!」

 

男性はAさんに愚痴をこぼします。

 

どうやら、そのことがトラウマとなり

男性の中で残り続けてしまったようです。

 

 

Aさんとやり取りしながら男性を癒していくと

みるみるうちに明るい表情へと変わっていきました。

 

 

この男性は、Aさんの前世の姿です。

 

 

セッション後、Aさんの表情も明るくなり

「仕事で無理をしない」

「毎日太陽の光を浴びる!」

と言っていました。

 

 

 

お日さまって とても大切なものなのだと

改めて感じたセッションでした。

 

 

 

2020826221533.jpg

セッションケースについて

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.karin-spi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/111

ページ上部へ