ホーム>スタッフブログ>セッションケース>急に出てきた手の痺れ
セッションケース

急に出てきた手の痺れ

セッション中、クライアントさんが身体に違和感を感じることがあります。

 

今回は、セッション中に手が痺れたケースをご紹介します。

 

 

手の痺れ

誘導中、Aさんは急に右手が痺れてしまいます。

 

まずはそこから突きとめていくことに。

 

探ってみると、右手の痺れの要因は Aさんのお母さんでした。

 

お母さんはとても怒った表情で文句を言っています。

 

「Aがちゃんとしないから!」

 

なぜそんなに怒られるのか訳が分からず

Aさんは泣き出してしまいました。

 

お母さんは、Aさんに関係ないことでも怒っているのです。

 

 

事前カウンセリングでAさんからお母さんのことも聞いていましたが

「気分屋で、何でも自分の基準で接してくる」

「人のことを考えていない」

「いつもブツブツと文句を言い、何でも決めつけられていた」

 etc.

 

お母さんに対して良い印象を持っていないようでした。

 

 

お母さんの幼少期

お母さんは子どもの頃、両親と兄弟が住む家で暮らしていました。

 

ですが、子どものいない親戚の家に養子として入ることになり

家族と離れて暮らすことになってしまいます。

 

本当の家族がいるのに離れて暮らすことになり

とてもつらい思いをしたようです。

 

その他にも、いろんなことがありました。

 

 

そこでAさんと相談し

お母さんのインナーチャイルドを癒すことにしました。

 

 

お母さんのインナーチャイルド

Aさんのお母さんのインナーチャイルドは

まだお腹の中にいる時のような姿でした。

 

Aさんと共に、その子をただただ癒していきます。

 

そうしていくうちに、インナーチャイルドに大きな変化が現れ

笑顔が溢れてきました。

 

 

インナーチャイルドを癒した後

お母さんの表情は母親らしい優しい表情に変わりました。

 

Aさんはお母さんに

「頑張ったね!」 と、優しく言葉をかけます。

 

セッションを通してAさん自身も癒され

「気持ちが落ち着いて、心が温かくなった」

と言っていました。

 

 

 

例え嫌いと思っている相手であったとしても、セッションを通して

相手のことを理解できるようになることがよくあります。

 

それは、自分自身の癒しにもつながっているのです。

 

 

 

2020820192445.jpg

セッションケースについて

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.karin-spi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/109

ページ上部へ